GM(ゲームマスター)についてとGM用参考ルール

出典: SWWWルール

目次

GM(ゲームマスター)とは?

RPGに参加する人は大きく二つに分けられます。一つはGM(ゲームマスター)もう一つはPL(プレイヤー)です
GMはソードワールドのルールとローカルルールに従ってシナリオを作り、ゲームを進める人の事です。

GMの原則と心得

  • 1.SWWW5は、ソードワールド完全版を基にして、そのルールや世界観に忠実な形で展開していくことをコンセプトとします。
  • 2.各マスターは、完全版準拠を原則とし、完全版に沿ったルール設定・シナリオを作成し運営してください。
  • 3.完全版のルール・世界観から逸脱するようなものはさけ、完全版が目指している雰囲気の維持をできるだけ心がけてください。
  • 4.シナリオ内部のルールの取り扱いはGMに一任されます。
ただし、常に他のGMやSWWW5全体のことを念頭におき、孤立を避け、SWWW5全体が遊びやすい環境となるように気を配ってください。
  • 5.ネットワークトラブルやサーバーのメンテナンス等のアクシデントによって書き込みができない参加者・できなかった参加者への対処は、参加中であるシナリオのGMが行います。

セッション開催のルール

続き物の場合もシナリオ毎に、改めて参加者を募集してください。
  • 2.セッションの参加者を募集する際は締め切り日時を明確に示し、締め切り時点での応募者の中から参加者を選考してください。
セッションの募集期間、また、注意点などはシナリオ募集期間についてを参照してください。
  • 3.募集されるセッション名の前や後ろにセッションの形式(BBS・IRC・リレー小説・CGIチャット)を【】内に明記し、応募する人がわかりやすいようにしてください。
  • 4.あらかじめ参加者を決めてから形式だけの募集を行ったり、他のPLに応募させない目的で参加資格を厳しくしたりするなどの行為を禁止します。
なお、冒険終了後の引退が義務づけられてるシナリオはこの限りでありません。
  • 5.シナリオの運用形式はBBSまたはそれに準ずる物、IRC、CGIチャットを用いたものとします。
チャットやメールなどを補助的に用いてもかまいません。


シナリオ募集期間について

  • 推奨募集期間は1週間です。
最低募集期間は3日です。
  • 募集期間の延長は認められますが、短縮はできません。
  • 募集期間中、何らかの都合で開催する事が出来なくなった場合は応募者が居たとしても開催を中止する事ができます。
その際、一声と共に応募者には開放を宣言してあげてください。



シナリオログ公開の原則

シナリオはログの公開を原則とします。
  • 1.ログが公開されなければSWWW5の公式なシナリオとは認定されません。
各セッション形式のログ保管場所へサイト管理者へ申し出て、セッションサイトのURL(BBSセッション)、
セッションログのURL(チャットセッション)へリンクを張ってください
  • 2.共有BBSセッション、リレー小説セッションについてはソードワールドウェブ所有のサーバー内にログが保存されている為、
    即時公開されているものとします。
  • 3.サーバー領域の制限などの理由でログの保存が困難な場合は、ログをHTML文書化し、SWWW専用サーバーに保存してください。
保存を希望の際には、SWWWのWEB担当者まで声をかけて下さい。
  • 4.冒険を無かったことにするためにログを隠蔽してはいけません。
  • 5.ダイスチャットやPL同士の相談等で補助的に用いられたツールに関してはログ公開の義務はありません。



経験点の配布

  • 1.経験点はSWWW5で公式に認められたセッションを行ったGMより配布されます。
獲得経験点はGMの指示により参加者がキャラクターに反映します。
  • 2.シナリオにおける経験点の配布は、マスターがシナリオ難易度に合わせて調整します。
経験点については下記の目安を参考にしてください。
  • 3.1ゾロによる経験点、倒したモンスターごとの経験点をそれぞれ配布するかは各GMに任されます。
プレイヤーはGMに配布されないうちに経験点を、キャラクターシートに更新してはいけません
  • 4.GMは配布した経験点、報酬、アイテム等を冒険の募集と応募掲示板で募集した記事の、最後に書き込まなくてはなりません。



配布する経験点の目安

  • BBSセッション・チャットセッション
推奨経験点:参加キャラクターの平均冒険者レベル×500点
経験点の上限:モンスターや罠の難易度、もしくは参加キャラクターの冒険者レベルの最高値×500点
  • リレー小説セッション
推奨:500点 上限:1000点

推奨経験点はあくまで目安です。レベルの低くなりがちな、ソーサラーやマルチスキルのキャラクターに対して経験点が少なくてよいという意味ではありません。 また、シナリオの難易度もモンスターレベルやPCの技能レベルなどだけでは計れないでしょう。 実際には、各GMが様々な要素を総合的に判断し、上限設定を超えない範囲で経験点を設定、配布してください。



報酬の配布

  • BBSセッション、チャットセッションについては

1回の冒険でPCが得られる報酬は、金額に換算して、PC一人一人のレベルの二乗を合計したものに、50~200を掛けたものを基準として、500を掛けたものを凡そ最大として配布してください。

  • リレー小説セッションについては

上の計算式にて出された数値の半額程度を配布してください。

アイテムについて

  • 1.GMは創作アイテムをコンテンツ内のシナリオに登場させてもかまいません。
ですが、世界観を崩壊させかねないもの、他のGMのシナリオなどに影響を与えるようなものを登場させる事はおやめください。
データや特殊効果を決める際は出来るだけ完全版ルールに従ってください。データや特殊効果を公開する際は
完全版ルールで説明がつくようにしてください。また、出来るだけ完全版ルールの表記法にしたがってください。
  • 2.データ的効果のためだけに創作アイテムを登場させないでください。
  • 3.PCはルールに記載されてるアイテムのうち、世界に1つしかないような固有名詞つきのアイテム(ヴァンブレード=ラムリアース王家の象徴、等)を所持できません。

高品質・銀製・相当品・マジックアイテムにつきましては特殊なアイテムの説明と扱いについてをご覧下さい。


GMボーナスについて

  • 1.GMはシナリオを出す際にボーナスを申告することで、GMが登録しているキャラクターに対し報酬を得る事ができます。
受け取れるボーナス
1.
BBSセッション&IRCセッション・・・200点 or 500ガメル
リレー小説セッション・・・100点 or 300ガメル


もしくは


2.
各セッション最後に参加PLそれぞれ10点満点でシナリオを評価
BBSセッション&IRCセッション・・・合計点×10の経験点
リレー小説セッション・・・合計点×5点の経験点

上記1.2.より、ガメルか経験点か、どちらかを明確にして申告してください。

  • 2.シナリオを出すGMは、募集の際にPLに対して募集文の中に書き出す形で申告しておいてください。
募集掲示板での申告が無かった場合、上記の報酬は発生しません。
(例文
「このシナリオによりGMは報酬(ガメル)500を得ます」
「このシナリオによりGMは経験点200を得ます」
「このシナリオは評価式にします。セッション後に、セッションの点数をつけてください。合計点×10の経験点の経験点をGMは得ます」

それぞれのセッションのルール

ここではBBS、IRC、CGIチャット、リレー小説のそれぞれのルールを説明して行きます。

BBSセッション

GMが用意したセッションページにて、もしくは当サイトの共有BBSにて開催するセッションです。

『各BBSセッションへ』ページの管理について

『各BBSセッションへ』のリンクについては、現在システム化されていて、自分のHP内でBBSセッションを開く各GMに登録を任せています。

ただし、管理画面へのURLやパスワードに関しては、セキュリティと迷惑登録防止のため、

管理人が、初めてBBSセッションを開くGM様にメールでお伝えしています。

もしセッションが開始されてもメールが送られてこない場合は、管理者のメールアドレスにご一報いただけますでしょうか。

メールアドレスは下記になります。

u-ki@swordworldweb.net(@は半角)

お手数ですが、よろしくお願いします。

BBSセッションの開催期間

BBSセッションの開催期限は二ヶ月です。二ヶ月を過ぎると強制終了となります。

  • 不慮の事態による参加プレイヤーやGMの負担を軽減する為の決まりです。
最初のGMの書き込みから二ヶ月経った場合、参加プレイヤーはそのセッションを抜ける権利を、
GMはそのセッションを終了する権利を得ます。

報酬やアイテムの注意

特殊なアイテムの説明と扱いについて以下の項をよく読んで、シナリオに取り入れるようにしてください。

BBSの特徴と注意点

特徴
  • オフセッションの会話で行われる手法を、BBSやそれに準ずる物を用いて文字で表現して行う
  • ダイスによる乱数要素あり = ゲーム的要素は通常のオフセッションとほぼ同等
  • 恒常的なステータス変化(死亡、引退、四肢切断、呪いなど)を受ける可能性があります。
注意点
  • 他人の行動を描写してはいけません。
自分が日記を書く時点で、GM及び他PLが確定させた他(N)PCの行動は描写可能
  • シナリオ中ダイス値が必要になった時は、当サイトのダイスチャット1・2を使ってください。
自サイト、オフなど、他の人間が確認できない所では行わないで下さい。
参加者にもそれを伝え、ログをチェックし、数が正しいかどうかを把握するよう努めてください。

チャットセッション

IRC、CGIチャットを用いたセッションです。それぞれダイスが振れるような形式で行ってください。

(IRCに関してはダイスツールが、CGIチャットはソードワールドに適応したダイスツールの付いたものがあります。)

チャットセッションの開催期間

セッション部分のみを切り出してログをHTML化し、公式にリンクすればセッション終了とみなされます。

  • セッションをしてから2ヶ月以内にログを公開してください。

報酬やアイテムの注意

特殊なアイテムの説明と扱いについて以下の項をよく読んで、シナリオに取り入れるようにしてください。

チャットセッションの特徴と注意点

特徴
  • 限りなくオフセッションに近い感覚でセッションが行える
  • ダイスがその場で振れる
  • 恒常的なステータス変化(死亡、引退、四肢切断、呪いなど)を受ける可能性があります
  • セッションの難易度・危険度によるが、高報酬と効果の高いアイテム獲得の可能性があります


IRCセッションの注意点

  1. IRC専用ソフトをダウンロードして、IRCに接続出来る環境を整えてください。ソフトはよく『chocoa』が使われていますが、特に指定はありません。
  2. 当日使う予定のサーバーとチャンネルを募集欄に書き込み、当日はそこを使用してください。使うサーバー、チャンネルに特に制限はありません。
  3. IRCはソフトにもよりますが、ログを取ろうとする場合は処理が必要です。ソフトをよく確認し、ログがきちんと取れているかを確認してからセッションに臨んでください。ダイスをIRCで振りたい場合にも専用ソフトを入れる事が必要になりますそちらもあわせて確認し、当日困らないようにしましょう。
  4. ログが取れなかった、消失した場合はそのセッションは無効となります。不安な方は参加者の方にもログを取る事をお願いしてください。
  5. GMさんによっては雑談を別ける方、コーラー(意見を纏めて宣言をする方)を置く方、さまざまに居ます。特に規定の方法はありませんので、その時によってセッションをやりやすい方法でやってください。
  6. 開放宣言はログをアップした後に行ってください。セッション部分を切り分けた形で誰にでも見られる場所にアップし、公式へとリンクを張ればログアップ完了です。チャットセッションログを集めている所がありますので、そちらへリンク要請も忘れないようにしましょう。

CGIチャットセッションの注意点

CGIチャットはどうしてもサーバーへの負荷が大きくなるので、ログが消える可能性があります。 CGIチャットセッションをするGMさんはその可能性を参加する方へ伝えて理解してから参加してもらってください。 また、自分でCGIを設置する時にも、出来る限りログが消えない対策をしてください。
万が一、ログが消えても、泣かない!めげない!文句を言わない!

  1. CGIチャットセッションをするGMは、出来るだけ自分でCGIチャットを置いてください。
    どうしても何らかの理由でCGIチャットを置けないGMは、CGIチャットセッションを設置しているGMに借りてください。
    その際、もしログが消失したとしても責任は自分で取ってください。
  2. 公式のCGIチャットは使わないで下さい。
    BBSもCGIを使っています。最悪全てのCGIが使えなくなってしまうので、公式のCGIチャットでのセッションはご遠慮ください。
  3. セッションで使えるCGIは、ソードワールドのルールに適したもので、ログが残るものを使ってください。
    そのほかは特に規定はありません。
  4. 開放宣言はログをアップした後に行ってください。
    セッション部分を切り分けた形で誰にでも見られる場所にアップし、公式へとリンクを張ればログアップ完了です。
    チャットセッションログを集めている所がありますので、そちらへリンク要請も忘れないようにしましょう。

リレー小説セッション

『リレーセッション掲示板』を用いて開催される、GMが提示したスケジューリングにそって各PLが描写を行って遊ぶリレー小説形態のセッションの事です。


リレー小説の開催期間

リレー小説セッションの開催期限は2ヶ月です。それを過ぎますと強制終了となりますのでご注意ください。

  • 最初のGMの書き込みから2ヶ月経った場合、参加プレイヤーはそのセッションを抜ける権利を、
GMはそのセッションを終了する権利を得ます。




報酬やアイテムの注意

リレー小説セッションは、原則的に危険がありません。 なので、報酬やアイテムなどは低いものとしてください。

  • 経験点に関しては配布する経験点の目安
  • 報酬に関しては報酬の配布
  • 登場アイテムに関してはアイテムについてをごらんください。
  • リレー小説セッションには危険がありません。銀製・高品質装備、マジックアイテムなどはなるべく登場させない(配布しない)ようにしてください。
    シナリオ中にどうしても取り入れたい場合は
特殊なアイテムの説明と扱いについて以下の項をよく読んで、報酬として配布しないと言うような配慮をお願いします。


リレー小説セッションの特徴と注意点

特徴
  • GMが提示したスケジューリングにそって各PLが描写を行って遊ぶ
(通常の意味でのTRPG/ゲームではなく、リレー小説に近い)
  • PLが望まない限り、失敗しない
  • 必ずしも、ダイスによる乱数要素を取り入れる必要はない = ゲーム的要素が低い
  • 確定されていない行動も含めて、他(N)PCの行動を自由に描写可能(GM-PL間及び各PL間での配慮は必要)
注意点
  • 他者の描写が解禁されていますが、それぞれのPCのキャラクターに対する配慮を十分にしてあげてください。
  • リレー小説セッションにおいては恒常的なステータス変化(死亡、引退、四肢切断、呪いなど)を受けることはありません。
PLが望んだ場合は受ける事があります。
  • 基本的に失敗はありません。
シナリオ構成上、失敗を置くケースもありますが、参加者の了承を事前に得るようにしてください。

オリジナルモンスターに関して


オリジナルモンスターの作成、使用は認められておりません。
使用ルールブックに記載されているモンスターデータを使用して下さい。

  • モンスターデータの一部改変のみも禁止とします。