このサイトでのその他ルール

出典: SWWWルール

目次

特殊なアイテムの説明と取り扱いについて


  • 基本的に高品質の武器防具・銀製の武器防具・マジックアイテム・特別な設定や効果のあるアイテムを
GM(ゲームマスター)の許可無く入手することは出来ません。


  • シナリオを通さない形での唯一の購入方法は『日常日記を書く』にてグレイウォールを訪れ、アイテムを購入する日記を書く事です。
詳しい説明はグレイウォールをご覧下さい。


高品質・銀製品の武器防具

基本的にソードワールドRPG完全版に従います。
価格についても完全版を守って下さい。
ただし、GM(ゲームマスター)が報酬などで安く売ったり、また、装飾があるからと高く売るのは自由です。

マジックアイテム

例えば、武器の場合、攻撃力のみに+1、または、攻撃力、追加ダメージに+1など、
単純な魔力付きのものであれば、報酬として出す事を許可します。
しかし、+3を超えるものやクリティカル値を減少させるもの、
特殊武器(ポール・ウェポン、マン=ゴーシュ、ソード・ブレイカー、ウィップ、ネット、ボーラ、
クレインクィン・クロスボウ、バリスタ、ランス、ブーメラン、
ショーテル、セスタス、サップ(ブラックジャック)、ギャロット)を出す事は許可しません。
また、鞘から抜くと“ライト”の効果があるダガーなど、付加価値を持つマジックアイテムは
GM(ゲームマスター)がパワーバランスを崩さない程度に調整して出す事を許可します。
(-1や筋力が-6になるなど、不利になるような呪われたマジックアイテムも
GM(ゲームマスター)がパワーバランスを崩さない程度に調整して出す事を許可します)

報酬としてではなく、セッション内で話の展開上、必要となる特殊なマジックアイテムについては
GM(ゲームマスター)がきちんと責任を持った上で出す事を許可します。

相当品

名称を変更されたアイテム(相当品)についての説明です。

  • 1.ソードワールドRPG完全版に記載されているアイテムに近しいもので、世界観として違和感のない限り相当品とする事を許可します。
(購入については通常の武器防具と同じ様に行えます)
例.ツヴァイハンダーをフランベルジュ相当品として出す事は許可しますが、ロングボウ相当品として出す事は許可しません。


  • 2.上記で相当品として出したからといって、そのアイテムはその相当品でしか出せないという事ではありません。
例.ツヴァイハンダーをフランベルジュ相当品として出す事も、グレートソード相当品として出す事も許可します。


運用について

アイテムは原則として完全版基準なのですが、上記の様にフレーバー的な要素から、高品質、マジックアイテム、相当品など
サイトでのルールを設けないと混乱と衝突を生み出す可能性のあるものもあります。

ここではそのルールを説明します。が、中にはルールで縛れない事もあります。

  • 高品質、マジックアイテム、相当品の運用については、GM(ゲームマスター)に全て委ねられます。
GM(ゲームマスター)が許可すれば、そのセッションで使用可能となりますが、許可しなければ使用不可能となります。
ちなみにここで気を付けて頂きたいのが、『遺失魔法』と『能力値上昇の秘薬』です。
特殊な条件ではありますが、GMの許可を頂いてから反映して下さい。
(そういう意味では、何かしら制約を設けるなどしないと余り望ましくないのかも知れません)


  • 乱発により、価値観、また、世界観を壊さないようにする事。
駆け出しの冒険者が沢山の高品質な武器防具やマジックアイテムを持っている事は稀でしょうし、
それを売るとなると莫大な財産となります。
(マジックアイテムの売買は取り決めの難しさから、非買とするのも1つの手ではあります)


  • 誰が見ても直ぐにわかるよう、マジックアイテムの詳細なデータ内容は明記させる事。
(ただし、著作権の問題を充分に考慮する事)


  • GM(ゲームマスター)による許可制から身内だけでエスカレートし、全体として愉しめないようにしない事。
『神殺しの剣』など、特定のセッションでは有効かも知れませんが、他のセッションでは余りに世界観が異なり、
結果として、特定のセッションのみでしか使えないようなものは推奨されません。


こう言った配慮をする事が必要になって来ます。

気を付けて頂きたいことに、このルールは決して駆け出しの冒険者はマジックアイテムを持つなという意味ではありません。
勿論、ベテランの冒険者はマジックアイテムを持つべきという意味でもありません。
あくまでセッションの内容とのバランスが大切です。
難易度の高いセッションを素晴らしい機転で潜り抜けた者には
それなりの報酬があってもいいでしょうし、勿論、なくても仕方ありません。
しかし、例えばですが、薬草摘みの途中で山賊に襲われ、撃退すると、
山賊が+3の武器を隠し持っていたなどという事で報酬として手に入れるのは余り、推奨できません。
(このようなセッションを否定しているわけではありませんので、ご了承下さい)

SWWW5全体を考え、PL(プレイヤー)やGM(ゲームマスター)同士の連携、
話し合いなどで解決して頂きたいと思います。

金品の貸し借りについて


  • 各人の自己責任(批判を受ける事を覚悟の上)で日常での金品の貸し借りは可能です。
(ただし、高価な品、魔法の品などは常識的に考えて望ましくありません)


日常

市などのフレーバー的なものから通常の武器防具までが推奨となります。
(基本的に普通に購入できるものであれば、全く問題ありません)

セッション

制限はありません。
(ただし、GMが許可した場合に限ります)
また、なるべくなら日常と同等の目安が望ましく、貸し借りを行う場合、セッション内で返し切ることが望まれます。

完全版・ベーシック以外のルールブック、資料集の使用について

GMがソードワールドRPG完全版・ベーシック版以外のルールブックや資料集に登場するモンスターやアイテム等のデータ類、特別なルールを使用したい場合はシナリオ募集時にPLに対して周知を行ってください。

参加PL全ての方の同意を得られた際には使用しても良いとします。

但し、以下の条件に当てはまるものに当面限らせて下さい。

・書籍の名称に「ソードワールド」と冠が入る物
・上記の物でも「ロードス島」関連の書籍は除いたもの
例)
ソードワールドRPGツアーシリーズ
ソードワールドサポート1・2