2.0で遊ぶ方

Last-modified: 2018-02-02 (金) 06:01:14 (84d)

2.0での遊び方

参加条件

◆自分の言動に責任が持てること。
◆TRPGとソード・ワールドRPGに関する基礎知識を持っていること。
 もしくはそれについて学ぶ意志があること。
◆連絡の取れるメールアドレスを持っていること

 

マナー面について、以下のことを心がけてください。
 1. さりげない挨拶を大切にしよう。
 2. 「ありがとう」と「ごめんなさい」を忘れない。
 3. ネットスラングや俗語(2ちゃん語、ギャル語など)はわからない方もいます。
   できるだけわかりやすい表現にしましょう。
 4. 相手に否定的な言葉を投げかける時は、一呼吸置いてから。
   文字でのコミュニケーションは誤解を生みやすいものです。
   否定的な言葉は一呼吸置いてから。
   貴方と相手だけでなく、大多数の方が見ていることをお忘れなく。
 5. SWWWは開かれた公共的な、大多数が使用している場所です。
   意見は人それぞれであり、行き違いがあることは当たり前です。
   意見が違う事を楽しみ、その上で意見をやり取りし、交流することが目的のサイトです。
   それを踏まえた上で、独善的に批判する事は絶対にやめましょう。
   陰湿な行為、明らかにルールを違反している行為が見受けられた場合は、証拠となる物をウェブマスターまでお持ちください。
   明確な違反行為として認められる場合は、相手の方に厳重注意し、受け入れられない場合は厳正なる対処をいたします。

参加に必要なルールブック

所持必須のもの
ソード・ワールド2.0 ルールブック
ソード・ワールド2.0 ルールブック供 紛Δ鵬訂版推奨、改訂前可)

所持推奨のもの
ソード・ワールド2.0 ルールブック
ソード・ワールド2.0 ルールブックEX
ソード・ワールド2.0サプリメント アルケミスト・ワークス(AW)

※ここでいう所持、とは「自分がいつでも自由に参照することができること」を意味します。
例えば同居の家族と共用のルールブックの場合は、自宅でいつでも参照できるでしょうが、友人と共用のルールブックとなると、すぐに参照できるとは限りません。
ルールの確認が必要となった時に、すぐ参照できないと判断された場合は、プレイヤー登録をお断りすることがあります。

サプリメントの扱い

各種サプリメント、ルールブック分冊3(分冊3改訂版)、ルールブックEXは、各GMがセッションごとに使用の有無を決定します。
分冊3を使用する場合、改訂の前後でルールやデータが異なる部分がありますので、使用するルールブックが「分冊3」か「分冊3改訂版」かを明確にしてください。
また、各サプリメント、ルールブック分冊3(分冊3改訂版)、ルールブックEXについては、記載されているルールやデータの一部のみを使用することもできます。
この場合、GMはどの範囲でルールやデータを使用するかを明示してください。

以下に主なサプリメントについて、略称と簡単な内容を表記します。
プレイを更に楽しみたい方は、購入の参考にしてみてください。

・バルバロス・テイルズ(BT)はモンスター関連のサプリメントです。多数のモンスターの追加、既存モンスターデータの変更、戦闘関連ルールの変更があります。

・ウィザーズ・トゥーム(WT)は魔法関連のサプリメントです。魔法に関する多数の追加・変更があり、ソード・ワールド2.0の根幹ルールにも大きな変更があります。

・カルディア・グレイス(CG)は世界拡張のサプリメントです。新種族・新技能・新モンスターの追加があり、ソード・ワールド2.0の根幹ルールにも大きな整備・変更があります。

・イグニスブレイズ(IB)は戦闘特技改定のサプリメントです。戦闘特技習得ルールが変更されています。また、新種族や新モンスター・データも記載されています。

・ルミエル・レガシィ(LL)はアイテム集のサプリメントです。新種族、新アイテム、改訂騎乗ルールなどが記載されています。

・プレイヤーズ・ハンドブック ザルツ博物誌(PHZ)はザルツ地方ガイドのサプリメントです。戦闘特技の拡張ルールである流派の追加、分冊1-2で解説のあった各地域が掘り下げられています。

・他、各博物誌やツアーにも興味深いコラムなどが掲載されています。

 ※低レベル帯(特にセッション・グレード5未満)のセッションにおいては、初心者参入の敷居を上げないよう、すべてのサプリメントの不使用を推奨します。(キャラクター作成ガイドセッション・グレード参照)

プレイヤー登録

『プレイヤーを登録所』から、プレイヤー登録を行います。
一個人につき、一プレイヤーのみ登録可能です。二重登録は認められていません。
登録の際は、プレイヤー登録所内の一番上にある、「プレイヤー登録についての注意」を必ずお読みください。
プレイヤー登録が済みましたら、既存の参加者によるご案内をお待ちください(ご案内には数日かかる場合があります)。
以下、プレイヤーのことをPLとします。

キャラクター登録

既存参加者によるご案内がありましたら、次は貴方の分身となるキャラクターの登録です。
詳細はキャラクター登録(2.0)をご覧ください。
以下、プレイヤーキャラクターのことをPCとします。

書き込みについて

  1. キャラクターの立場での書き込み
  2. 描写の範囲
  3. 暴力表現について
  4. 半角カナ、機種依存文字について

キャラクターの立場での書き込み

日記など、PCの立場で書き込みを行う場合は一人称を用います。
  悪い例)「ジョニーは踊った」
  良い例)「俺は踊った」

描写の範囲

1. シナリオを提供したGM以外は、名前や設定のあるNPCを勝手に作成して登場させてはいけません。
2. 自分が所有する以外の武器やアイテムを勝手に登場させてはいけません。
   悪い例)「巷で大人気の踊り子ミミィが俺を訪ねてきた。俺の姉だと名乗ったミミィは俺に魔法の短剣をくれた」
   良い例)「街ですれ違った美女のうなじに俺の視線は釘付けになった。ああ、彼女は何処の誰なんだろう」
3. GMが判断を下すべき行動結果を勝手に決めて描写してはいけません。
   悪い例)「俺はオーガーを倒した」
   良い例)「俺はオーガーに斬りかかった」

暴力表現について

ゲーム内においては暴力表現が用いられることもありますが、必然性のないものや過剰なものには自制を求めます。

半角カナ、機種依存文字について

半角カナや機種依存文字(丸つきの数字等)は文字化けの原因になります。
機種依存文字とはJIS規格外の文字を指します。
各メーカーが独自に定義した文字なのでパソコン全機種には対応していません。
半角カナや機種依存文字をうっかり使ってしまい文字化けをおこすと、他の参加者の迷惑となりますので気をつけてください。

日常日記への参加

日常日記を描くで繰り広げられる日常日記の事です。
キャラクター同士の交流に使われています。

  1. 日常日記とは?
  2. 日常日記のルール
  3. 日常日記の書き方

日常日記とは?

冒険とはセッションのことですが、日常はセッション以外でキャラクター同士を交流させる場のことです。
キャラクターに日常を過ごさせたいプレイヤーは、日常日記を描く掲示板に、そのキャラクターの「日記」を書き込みます。

「日記」とは、キャラクターの一人称視点での行動の描写のことで、掲示板形式のセッションでも用いられる言葉です。
冒険者の日常掲示板においては、冒険に出ていない普段のプレイヤーキャラクター(PC)が、街でどのように過ごしているかを描写します。

具体的にはルキスラの街で起きる、さまざまな風景を描けます。
冒険のための準備、買い物から、宿泊している宿の出来事、またはマギテック協会のひととき、市街での散策など、自由なシチュエーションを想像して描いてください。

日常日記の舞台は、ルキスラまたはその近郊であれば、日記の作成者が自由に決めて構いません。
市街地やその近辺によくある、特に名前を決める必要のない場所(街路、路地裏、屋台、酒場など)は、日記の作成者が自由に描写できます。
施設の固有名(火竜の手羽先亭、礼する黒猫亭など)を出す場合は既存の施設を使うことを推奨します。
GMはセッションに登場した施設を登録することができますが、これら新規登録施設を日記に登場させるのは、参加者にある程度認知されてからのほうがよいでしょう。

日常日記のルール

  1. 言葉にする内容は「」で括る
  2. 他人の行動を決定してはいけない
  3. 他人を勝手に登場させてはいけない
  4. 特別なアイテムを勝手に登場させてはいけない
  5. 魔法を使用してはいけない

◆言葉にする内容は「」で括る
「日記」では、キャラクターが実際に口に出す内容は「」(かぎかっこ)で括ってください。
文章でキャラクターの言動を表現する際に、キャラクターの言葉(台詞)とそれ以外の行動が区別されていないと、他人からは何に対してどう反応すればいいのかわかりません。

◆他人の行動を決定してはいけない
「日記」で描写できるのは、原則として本人の行動だけです。
既に書かれている他人の日記の内容を、自分の日記に引用することは構いませんが、まだ日記に書かれていない、他人の行動を勝手に決定して描写してはいけません。

例えば、「トニーが俺の顔を殴った!」では、トニーの行動を決定してしまっていますので、ルール違反です。
そうではなく、「俺はトニーに殴られるかと思った」という内容であれば、トニーという他人の行動を決定することなく、本人の感想に留まっていますね。

◆他人を勝手に登場させてはいけない
「日記」に他人を勝手に登場させてはいけません。
これは、他人の「その場にいるという行動」を決定していますから、他人の行動を決定してはいけないルールにも抵触します。
PCやNACはもとより、名前や設定のあるNPCも登場させてはいけません。

例えば、「巷で大人気の踊り子ミミィが俺を訪ねてきた」という内容では、踊り子ミミィという他人を勝手に登場させていますので、ルール違反です。
ただし、エキストラ程度の名もないキャラクターであれば、風景の一部として登場させても構いません。「露天で商人が果物を売っている」程度の内容であれば、構わないわけです。

「日記」に他人を登場させたい場合は、相手がPCかNACであれば、相手のプレイヤーに連絡して同意の下に行ってください。
PCとNAC以外のキャラクターは、日常に参加することはできません。

「NAC」というルールブックに存在しない用語が登場しましたが、これについては後述しています。(ノン・アドベンチャー・キャラクター(NAC)について参照)

◆特別なアイテムを勝手に登場させてはいけない
日常での「日記」に、特別な武器や、価値あるアイテムを勝手に登場させてはいけません。
これらはあくまでセッション中、GMだけに認められた権限です。

◆魔法を使用してはいけない
日常での「日記」では、魔法(呪歌・錬技・賦術を含む)の使用を全面的に禁止しています。
公共の場での魔法の使用は、社会的なトラブルを引き起こしやすいからです。

一般市民に奇異の目で見られがち、忌避されがちな真語魔法・操霊魔法・妖精魔法はもとより、広く認知された魔導機術や神聖魔法でさえ、使い方次第でトラブルの種になりかねません。
日常はあくまで冒険以外の時間ですから、平穏を大事に過ごしてください。

またルール面でも、一つ一つの魔法や状況ごとに、使用の可・不可を決定するよりは、「魔法は全面的に禁止」とする方が、シンプルでわかりやすいためです。ご理解いただければ幸いです。

日常日記の書き方

◆新しく日記を書く場合
 おなまえにはPC名のみ、タイトルには日記の題名を記入し、現在の日付、PCの行動している場所を()付きで記入します。
  例)『日記タイトル(○月○日、場所)』

◆すでにある日記に返信する場合
 参加したいスレッドの先頭記事に対して『返信』を行います。(必ず先頭記事に対して返信を行ってください。)
 返信フォームにおなまえ(PC名)、タイトル(日記の題名)、メッセージ(日記本文)を記入し、返信ボタンを押します。
 タイトルは日記の題名のみで構いません。

◆他PCのセリフをコピペした時は文頭に『>(半角)』を付けると引用になります。
 改行されている場合、各行頭に付ける必要がありますので、ご注意ください。

日常の過ごし方もご確認ください。

セッションへの参加(プレイヤーとして)

セッションに参加しようと思ったら、PLは冒険の募集と応募掲示板を見て、募集中のセッションがないか確認します。
募集があれば、そのスレッドに参加希望の旨を書き込んでください。
セッションに参加できるかどうかは、他の応募者の状況と、GMの判断次第です。

ひとつのセッションに応募・参加したら、そのセッションが終了するまで、他のセッションに応募することはできません。
もちろん、そのセッションに参加できなかった場合、何らかの理由でセッションを途中離脱したときは、次のセッションに応募しても構いません。

  1. セッションの大原則
  2. セッションへの応募
  3. 参加グレードの制限
  4. セッションの募集期間
  5. セッションで得られるもの
  6. セッションの開催期間
  7. フリーセッション

セッションの大原則

SWWW2.0でのセッションはセッション参加者(GM、PL)同士での、合意と調整を基本とします。
セッション中、参加者同士で意見が分かれたとき、話し合いで決めてください。
時間がかかりそうなときは、GMが最終的に決定してください。お互いの常識は食い違うもの、セッションは参加者全員で楽しむものという意識を大切にしましょう。

セッションの開催形式

SWWWでは、掲示板形式とチャット形式の2種類のセッションが存在します。

・掲示板形式
掲示板形式のセッションは、掲示板(BBS)やブログ等のツールを使用し、長期的に開催します。
サイコロを振る際には、SWWWに設置しているダイスチャットを利用できます。GMが用意したダイスツールがある場合は、そちらを使用してください。

・チャット形式
チャット形式のセッションは、IRCやCGIチャット等のツールを使用し、短期集中的に開催します。
IRCの利用には専用のクライアントソフトのインストールが必要ですので、注意してください。
IRCについては、IRCチャンネル #swwwもご覧ください。

セッションへの応募

セッションは冒険の募集と応募で募集されます。
PLはスレッドにレスをつける形で書き込み、セッションに応募します。
このとき、以下のことに気をつけてください。

■グレード方式について

募集スレッドの頭には「そのセッションの雰囲気や傾向、使用するルールブック、参加プレイヤー・キャラクターのレベル帯」などが書き込まれています。
応募したPLは、これら指定レギュレーションに沿って、セッション毎にキャラクターのデータ(セッション用データ)の調整を行うことになります。
こうしたSWWW2.0独自の募集・調整形式を、グレード方式と呼びます。
詳細はセッション・グレードについてをご確認ください。

■ルールブックと違う?

「グレード方式」を採用することにより、SWWW2.0では「登録キャラクターの、データ蓄積」という点で、通常のソード・ワールド2.0とは違った処理を行うことになります。
具体的には、「1ゾロ以外の総経験点、能力値成長回数、所持金/装備品の合計金額」は、指定された「グレード」に応じて決定され、セッションでの獲得経験点や獲得したお金は無視されます。
1セッションに参加するキャラクターの強さに、大きな差が生まれないのが特徴です。
「名誉点、1ゾロ経験点、データ以外の思い出や経歴」といった面では、通常(ルールブック記載)どおりに扱います。
グレード方式は、所持ルールブックがバラバラ、かつ、セッション毎に参加者が異なるオンライン・セッションという環境を踏まえてのサイト独自ルールです。
経験点やお金を蓄積する楽しさを損なうものではありますが、個々のプレイ感覚をルールブックで想定されたバランスに近付けるため採用されました。何卒ごご了承下さいませ。

参加グレードの制限

参加できるセッションのグレードに、制限がありません。好きなグレードのセッションに参加できます。
ただし、TRPG初心者の方、ソード・ワールド2.0に不慣れの方は、まずグレード2・3といった低いグレードのセッションに参加し、経験を積むことを強く推奨します。

セッションの募集期間

セッションの募集には、応募の締め切りが設定されています。
募集開始から締め切りまでは、最低3日の期間があり、あらかじめ決められていた締め切りが早まったり、締め切りを待たずにセッションが開始されることはありません。

セッションへの応募は、キャラクター登録のチェックを待たずに行って構いません。
ただし、登録内容に不備が発覚した場合には、不備の解消が確認されるまで、セッションへの参加は保留されます。
保留されている間に締め切りが過ぎてしまったセッションへは、参加することができません。

■登録内容をチェックしてもらう

SWWWでは、登録内容のチェックは、決まった担当者が行っているわけではありません。
チェックを待っていると思われる登録や、不備のある登録を発見した有志の参加者が、善意で当該登録スレッドにチェックの書き込みをしています。
セッションへの応募時には、そのGMが改めてチェックを行います。
もし不備が見つかった際には、焦らず慌てず不備を訂正して、もう一度チェックしてもらいましょう。

セッションで得られるもの

セッションに参加したキャラクターが、自分の「キャラクター背景」に反映するものは、以下のとおりです。
次のセッションに参加するまでに、必ず行ってください。

・セッション中に得た名誉点と名誉アイテム
・セッション中に振った1ゾロの回数
・セッション中に起きた「穢れ値」の変動
・セッション参加履歴
・メモリーアイテム
・モンスター遭遇歴

ガメルの関わる名誉アイテムも得ることができますが、所持金合計が増えることはありません。
また、セッションで獲得した名誉アイテムだからと言って、無条件で他のセッションに持ち込むことはできません。
キャラクター登録(2.0)/名誉点についてで述べたとおり、セッションに持ち込む際には、毎回所持金を割く必要があります。

セッション参加履歴には、開催期間、セッション名、GM名、セッション・グレードを記録してください。
また、死亡等、セッション中に起きた重要な事柄があれば、わかるように記載してください。

■セッションでは得られないもの

以下のものは、通常のソード・ワールド2.0のルールとは異なった処理をします。
・1ゾロ以外の経験点
・ガメルおよび名誉アイテムを除くアイテム
・セッション後の能力値の成長

セッションの開催期間

SWWWのセッションは、最長で2ヶ月の予定で開催されます。
特に掲示板形式のセッションは、長期開催が前提となっているため、2ヶ月かかる見通しで募集されていることが多くあります。
応募の際には、GMが提示している開催期間をよく確認してください。

また、GMが募集時に提示した開催期間を過ぎても、参加中のセッションが終了していない場合、参加者にはそのセッションから無条件で途中抜けする権利が与えられます。
GMに途中抜けしたい意思表示を行って、解放してもらってください。
それが難しい場合は、そのセッションの募集スレッドに、途中抜けする旨を書き込んでください。

フリーセッション

『フリーセッション開催掲示板』で募集される、SWWW参加者が自由に参加できるTRPGセッションです。
ソード・ワールドRPG完全版およびソード・ワールド2.0以外のシステムでのセッションや、登録キャラクター以外の運用など、ご自由にご利用いただけます。
模擬戦やシナリオ集のプレイなどもこちらで行ってください。
なお、セッション運用に関しては開催GMに一任されます。
また、公式セッションではないため、共用BBSの利用はできません。
IRCや個人サイトのご利用をお願いいたします。

名誉点の使用

  1. 個人名誉点について
    1. コネクションの取得について
  2. パーティ名誉点について

個人名誉点について

セッション内で獲得した名誉点は、名誉アイテムの入手、住宅の獲得、個人称号(二つ名)、コネクションなどに利用できます。
詳細は分冊2の39ページから70ページ(改訂版43ページから74ページ)をご参照ください。
なお、個人称号(二つ名)についてはルールブック記載のものだけではイメージに合わないという場合もあるかもしれません。
どうしても判断に悩む場合などは、一度運営陣などにも相談してください(確認及び回答に数日のお時間が必要な場合があります)。

コネクションの取得について

流派の取得や、NPCとのコネクションへの名誉点の使用はPLが自由に行うことができます。
ただし、獲得した流派やコネクションが利用できるかは、セッションを行うGMの判断にゆだねられますので、ご注意ください。

パーティ名誉点について

パーティ名誉点は、このサイト(SWWW2.0)のオリジナルルールとして、登録されたパーティ自体に名誉点を付与するものです。
セッションにパーティとして申請の上で参加した場合に獲得することができます。
パーティ名誉点はパーティ自体の名声や知名度を数値化したものであるため、パーティの構成員であるPCの名声や知名度とは直接の関係はありません。
既に名声を確立したパーティに新規加入した無名の冒険者という存在はありえます。
また逆に、高名な冒険者が新たに結成した、パーティとしてはまだ無名の集団というものも存在しえます。
パーティ名誉点はパーティ自体に付与されるものであるため、パーティが解散・消滅した場合はパーティ名誉点自体もそれに伴って消滅します。
パーティ名誉点が構成員に分配されることはありません。

GM(ゲームマスター)をしてみよう

GMとは?

TRPGに参加する人は大きく二つに分けられます。
一つはGM(ゲームマスター)、もう一つはPL(プレイヤー)です。
GMはソードワールドのルールとローカルルールに従ってシナリオを作り、ゲームを進める人の事です。

GMについての詳細はGMについて(2.0)をご覧ください。